文字サイズ: 普通 拡大
八王子市
市民活動支援センター
〒192-0083
八王子市旭町12-1
ファルマ802ビル5階
連絡先
TEL:042-646-1577
FAX:042-646-1587
開館時間
火~土:10時~21時
日祝:10時~17時
(月曜休館日)

支援センターのサービス(詳細)

【NPOパワーアップ講座】 2018年2月「NPOが目指すもの〜活動目的とロジックモデル(目的を達成するための設計図)の作り方」〜

2018年2月8日

PDFファイルを開く

実施団体

NPOさぽーと802

活動報告

NPOパワーアップ講座 第7回「NPOが目指すもの」活動報告

全7回の連続講座もいよいよ最終回。今回は皆さんの活動の現在と未来、その2つの地点をどうつなぐのか、講義とワークショップから学んでいきます。
講師は「NPOのためのマーケティング講座」の著書をもつ長浜洋二さん。米国ピッツバーグ大学公共政策大学院を卒業後、国内の有名企業でマーケティング業務に携わり、米国の非営利シンクタンクでも活躍。現在は行政やNPO・財団といった公益組織のコンサルティングを行っています。
序盤から「なんとなく良い感じの活動を続けても意味がない」と長浜さん。軽妙な語り口から次々に刺激的なワードが直球で届きます。まず10年後の姿を描くことから現在が始まるという提案がありました。具体的なゴールを設定すれば、全員が思いを共有し、ぶれないで活動を継続できます。そのためには「成果とは何か」を考えることが必要。対象者にどんな変化が起きたのか、その変化の積み重ねが成果なのだと説きます。
後半は各団体や個人に分かれ、ロジックモデルを作成します。受益者の目線に立ち、成果・ビジョンなどを項目ごとに付箋に書き、模造紙に貼って表にしていきます。実際にやってみると、可視化することで全員の考えが整理され、次第にまとまっていきます。お互いが納得し共有することは、長浜さん独特の「腹落ち」という表現に集約されていました。
限られた時間でしたが長浜さんは精力的にテーブルをまわり、個々のロジックモデルに具体的なアドバイスをして下さいました。未来への設計図を作る試み、完成は持ち帰っての宿題となりました。今後の活動にぜひ活用して下さい。
講義終了後、修了式を行い、6回以上出席した団体と個人の方に表彰状をお渡ししました。
講師の長浜さんも最後まで残ってエールを送って下さいました。
29年度のNPOパワーアップ講座は皆さんの熱意に支えられ、無事終了しました。今後もより一層充実した講座を開催していきます。
 3月11日(日)にパワーアップ受講者の交流会を行います。連続講座を一緒に頑張ってきた同志たちと、リラックスしたひとときをお過ごしください。


                           [ 文 / 篠 牧子 ]

月の記事一覧を